農園案内

HOME 農園案内 鶏の飼育と卵について 野菜の栽培について
配達エリア お買い物ガイド 商品ラインナップ お問い合わせ



・・・私たちの住んでいるところ・・・


 私たちの住む向陽地区は、かつて「ポンアビラ」と呼ばれており、真夏は30℃を越える日がある一方、真冬の朝は氷点下20℃を下回ることもあり、1年間の温度差が大きい内陸性の厳しい気候です。昼間と朝晩の温度差も大きく、その分美味しい野菜を味わえます。また、冬の積雪は1mほどになるため、雪の下で保存する越冬野菜も好評をいただいています。


・・・百姓のいえの由来・・・

 会社員時代、自炊生活の中で食に対する疑問を抱くようになり、自らの手でものをつくりたい、というおもいからいつしか農の道へ。栃木の有機農家での研修を経て、2004年安平町(旧・追分町)にて新規就農。当農場では就農当初より平飼い養鶏の他、約30種類の季節の野菜を無農薬・無化学肥料で多品目栽培しています。所有する農地すべてで有機(オーガニック)認証を受けています。2015年からは、お米(天日干し)や小麦などの穀物を栽培し、これらの農産物を利用した加工品づくりにも取り組んでいます。
 屋号の「百姓のいえ」は「新しい」を意味するドイツ語“
neu”(のい)と“いえ”を組み合わせた造語です。何年たっても百姓をはじめたときの気持ちを忘れないように...というおもいを抱くと同時に、百姓を生業とするにあたって、昔から綿々と受け継がれてきた食生活や日本の文化・農業の営みを見つめ直し、新たな価値を見出す農場(いえ)にできればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。






・・・直接販売について・・・
※日中は、下ノ田畑ニ居リマス


 当農場内には直売所はありませんが、野菜が採れる6月下旬〜11月の期間は季節の野菜や卵・加工品を直接販売しています。農作業などで家の付近にいない場合もありますが、お気軽にお立ち寄りください。イベントなどの出店予定は、随時お知らせします。



Access(道順)


Contact(連絡先)
〒059-1984 北海道勇払郡安平町追分向陽89
TEL/FAX : 0145−25−2649


Copyright(C) since2003 Hyakusho-neu-ie All Rigts Reserved